オーストラリア旅行

オーストラリア、パース旅行記 6日目(港町フリーマントルとパース市街地散策)

投稿日:2018年12月6日 更新日:

オーストラリア(パース)旅行記6日目は、朝から港町「フリーマントル」へ行って、マーケットを堪能したお話です。(おまけにパース市街地散策も)

港町フリーマントルへ出発!

フリーマントルへの行き方

パース駅からフリーマントル・ラインに乗って、終点フリーマントル駅へ行くだけ!
電車の時間は30分ぐらいです♪(チケットは2ゾーンのやつを買えばOK)
超簡単だなおい‪(^q^)‬

フリーマントルへは、パースから電車で30分ほどかけて行きます。

まずホテルから無料バスに乗って、パース駅(地下鉄じゃない方)まで行き、入り口の券売機で2ゾーンのチケットを購入しました。

パース駅外観

パース駅外観

メモ

こちらの交通機関は「TransPerth」(トランスパース)という会社が牛耳っている(笑)ようで、電車も地下鉄もバスも船もぜーーーんぶ同じ型の券売機で買うことができます。

ちなみに、チケットはクレジットカードで買えない?というかやり方がよく分からない(笑)ので、現金を持っていくと良いかも!

しかも、$10以下じゃないと券売機に入らないので、大きなお金じゃなくて崩して持って行ったほうが良いかもしれません(笑)

券売機の画面

券売機の画面はこんなかんじ

どうやって買うのかわからず、しかもなぜかトイレにめっちゃ行きたくなって切羽詰まって結構慌てましたが、なんとか駅構内に入ることができましたっ!(トイレは駅構内にあるよ)

フリーマントルラインはどうやら7番線から出発するようなので、7番線でしばらく待つと、電車が来ました。

パース駅ホーム

パース駅ホーム

電車内

電車内、非常に綺麗です。床が絨毯だし(笑)

もう電車に乗ればこっちのもんだよね!ってことで、ゆっくりとパースの景色を見つつ、ポケモンGOに勤しんだ私(笑)

そうこうしてると、あっという間にフリーマントルに着いてしまいました。

フリーマントル観光 マーケットへ

フリーマントル駅外観

フリーマントル駅外観。駅なのになんて綺麗なんだ・・・!

駅や街並みの綺麗さに驚きつつ、歩いて目的のフリーマントルマーケットへ向かいました。

フリーマントルの街並み

フリーマントルの街並み

セブンとサブウェイ

セブンとサブウェイを見つけてなんかテンション上がった(笑)

フリーマントルの街並み2

フリーマントルほんま綺麗やな

フリーマントルマーケットは朝9時からやっているんだけど、商店街のお店は10時開店らしく、全然空いてませんでした(笑)残念

そしてマーケット到着ー!

もう入った瞬間テンション上がりました!

まさに「マーケット」ってかんじで、敷地内にぎゅうぎゅうと露店が立ち並んでいます。

お菓子屋さん

色とりどりのお菓子が並ぶお菓子屋さん

ピアノを弾く少年

ピアノを弾く少年。めっちゃ指早いけどあんま感情こもってなかった(笑)

オーガニック石鹸のお店

オーガニック石鹸?のお店。いいニオイがした

ひしめき合う人々

人が沢山いたよ

フルーツ

フレッシュなフルーツたち!

このマーケットは完全屋内型なので、雨が降っても濡れる心配なーし!
この日はちょっと天気が不安定で、雨が降ったり止んだりだったので、雨が降っている間はマーケット内をぐるぐる回って時間を潰すことができました♪

食べ物もお土産も沢山売っているし、地元のアーティストさん?が作った絵とか手芸作品なんかも購入できるので、他には無いお土産を探したい人にはピッタリな場所だと思います。

旧フリーマントル刑務所へ

雨が止んだあと、マーケット近くの「旧フリーマントル刑務所」へ行きました。

ここは1850年代に建てられたオーストラリアの世界遺産なんだって!

ツアーに参加するとお金が取られてしまう(笑)ので、外から見ただけだったんだけど、さすが世界遺産と言いますが、雰囲気があってちょっと怖かったです。

旧フリーマントル刑務所

旧フリーマントル刑務所

面会所

面会所。ここで囚人さんとどんな会話をしたのかな

資料館

資料館内に展示された歴史資料

独房

地下にあるのは独房だろうか・・・

柵の外から見た刑務所

柵の外から見た刑務所。ツアーに参加すれば入れるみたい?

刑務所のキャラクター

刑務所のキャラクター。め、目が死んでるぅーwww

雰囲気はあったけど、最後にお土産ショップで見た囚人のキャラクター?この刑務所のマスコット??のデザインが絶妙すぎて、雰囲気ぶち壊しでしたよね(笑)

その後は、歩き疲れたのでゆっくりと歩いて駅まで向かいました。

大道芸人

金ピカの像みたいな大道芸人さん!お金を入れると動くよ

道中、全身金ピカの大道芸人さんがいてびびったwww

お金を入れると動いてくれるようですが、動きもほんまに像のようで、すごかった!さすが海外!

この人たち、どうやってこの姿に変身するんでしょうねwww

Eシェッド・マーケット

駅まで向かっていたら、途中にもう一つマーケットがあることに気が付き、ちょっとだけ寄り道。

「Eシェッド・マーケット」という、波止場の倉庫を改造した建物でやっているマーケットです。

Eシェッド・マーケット外観

Eシェッド・マーケット外観

フリーマントルマーケットほど人が多くなく、お店もまばら(笑)で雰囲気はありました。

Eシェッド・マーケット内部

Eシェッド・マーケット内部。ちょっとガランとしたイメージ

お土産屋さんやフードコートもあったので、もうちょっとゆっくり回っても良かったかな?でも足が疲れていたので、ささっと中を見てパースに戻りました。

パース市街地でお買い物♪

フリーマントルから戻ったあとは、パースの市街地でお買い物を堪能しました!

まずは駅前にある「フォレストプレイス」に入っている「MYER」というデパートでお買い物♪

オーストラリア生まれのオーガニック化粧ブランド、「Jurlique」(ジュリーク)のハンドクリームを購入しました。

Jurliqueハンドクリーム

Jurliqueのハンドクリーム

ちょうどその日はブラックフライデーとクリスマスセールが半々でやってた?ようで、15%オフで購入できました。(とは言ってもこれ一箱で¥4,000ぐらいした(笑))

その後、T2という日本未上陸(!)の紅茶専門店で、大切な人用のお土産を購入。

T2紅茶専門店

日本未上陸の紅茶専門店。外観がもうオシャレ

T2店内

所狭しと並べられた紅茶やオシャレなティーポットたち

オシャンティすぎて腰が引けた(笑)けど、店員さんがとっても優しかったのでなんとかお土産購入できました♪

オーストラリアでオージービーフ!

その日の夜は、パースインフォメーションマップに載っていた「HOGS BREATH CAFE NORTHBRIDGE」というステーキのお店でオージービーフを堪能しました(*^q^*)くっそ柔らかくて美味だったぉ

HOGS BREATH CAFE

HOGS BREATH CAFE外観

店内

店内超絶オシャンティでした!雰囲気あるぅ〜

オージービーフのステーキ

オージービーフのステーキ!でかい!やわらかい!うまい!!

こちらのお店は、日本語のパンフレットに載っているだけあって、日本語のメニューが置いてありました。なので、英語がさっぱりな私でも、そのメニューを指差すだけでお目当の料理が食べれましたぞ‪(^q^)‬しかも店員さんが我々を学生かなんかだと勘違いしたらしく、めっちゃ目線低くしてくれて一緒に指差し確認しながらメニューを確認してくれた。スバラシイ。さらにさらに、パンフレットに15%オフのクーポンが付いていたので、会計時に提示したらちゃーんと割引してくれたぞ‪(^q^)‬ヤッタネ

パースのクリスマスイルミネーション

お腹いっぱい幸せいっぱいでしたが、時間的にバスが終わっているので歩いてホテルへ。

ちょうどクリスマスイルミネーションがスタートしたばかりの時期で、パース駅前の広場ではライトアップされたツリーやオブジェが立ち並んでいました。

駅前広場のイルミネーション

駅前広場のイルミネーション

ライトアップされてロマンチックなパース市街地を後にし、この日は終了〜。あぁ疲れた(笑)

7日目へ続く

  • この記事を書いた人

kgami3

元自衛官でSEでベンチャー初期メンバーという人生寄り道ばっかのアラサー女子。 「口から生まれた子」と言われるほどお喋りが好きです。 趣味はペットのお世話と個人開発と手芸と読書と音楽。マメルリハを飼っています。 このブログでは紆余曲折した私の人生をお届けするよ‪♪

-オーストラリア旅行

Copyright© kgami3の曲がりくねった日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.