オーストラリア旅行

オーストラリア、パース旅行記 1日目~2日目(移動)

投稿日:2018年11月30日 更新日:

先日、西オーストラリア(パース)に旅行に行ったので、その時のことをつらつら書こうと思います~♪

パースへ出発!

まずは1日目~2日目!
羽田空港を11/20(火)の夜に出発し、11/21(水)の朝にシンガポールでパース行きの飛行機に乗り換えました。

羽田空港イルミネーション

羽田のイルミネーション、綺麗だった

飛行機の乗り換えなんて人生初の体験だったからもうどうすれば良いかぜーんぜんわかんないし、Wi-Fiも残念ながらパースに到着しないと貰えない手はずになっていたので、広~~いシンガポールの空港で危うく迷子になりかけました(笑)

だって空港の中にターミナルがいくつもあるなんて(;^ω^)ねぇ
しかも自分たちが下りたのが目的のターミナルと違う場所だったなんて(;^ω^)ねぇ
そして空港内を移動するのにまさかモノレールを使うなんて(;^ω^)ねぇ

シンガポール空港内モノレール

ちなみにこれがモノレール

シンガポール空港クリスマスツリー

シンガポール空港のクリスマスツリー

雪だるまならぬ木だるま(笑)クリスマスですね

メモ

後で聞いた話ですが、シンガポール空港はターミナル的な位置づけらしい。だから乗り換え用の線が多く、他の空港とは別格の広さなんだそうです。知らんがな:(;゙゚''ω゚''):全部英語でわけわかんねぇよ(笑)

で、はい、無事11/22(水)のお昼過ぎにパースに到着ー!
…したのもつかの間、難関の入国審査ですよ!
個人での海外旅行が初なワタクシ、これでもうめっちゃ焦りました。

海外行った人なら知ってると思いますが、おそらくどの国でも入国前に「税関申告書」なるものを書かなきゃいけないんですよね。
基本的には「違法なものを持っていないか」をチェックするのが趣旨みたいなので、普通は問いに対して「No」で答えれば良いのに、私たち家族は「常備薬」を持ってきていたので、「medicines」という単語が見えただけで正直?に「Yes」とチェックしてしまいまして(笑)

そしたらあれですよ、母親は申告書をチェックしているお姉さんにあらぬ疑いをかけられ(笑)「再チェック」の荷物チェックカウンターに飛ばされてしまいました(笑)

で、私はというと同じように「違法な薬物」の欄に「Yes」と記入していたにも関わらず、お姉さんに「medicines?」って聞かれて「Yes」って答えたらそのままドゾーって普通に通してもらえました!なんなんだこの違い!(笑)お姉さん、絶対私のこと子供だと思って顔パスしたでしょ!!www

とまぁアホな出来事もありましたが、無事パースに到着し、旅行会社の日本語ペラペラなオーストラリア人のおじさんが迎えにきてくれたので一安心です♪

パース空港外

パース着いて外に出たら、明るっ!ってかんじ(笑)グラサン必須な日差しですね

マントラホテルへGo!

パース空港から車で30分ほどで、パース市街地に到着。すぐさまホテルにチェックインし、荷物を預けました。このチェックインも、旅行会社の人が手伝ってくれたのでめっちゃ楽でした。でも、チェックイン時に一時金として¥5,000程払わされたのにはビックリしたな〜。これって長期滞在だと日本でもあることなんでしょうか?誰か教えて(笑)

マントラホテル

ホテルの名前は「マントラ・オン・ヘイ」

ホテル1

ホテル2

ホテル3

コンドミニアムで、キッチンやら洗濯機やらなんでもついてた(笑)

ホテル4

ホテル5

部屋も2部屋あって、誰が泊まるねんて(笑)

チェックイン後は旅行会社の人と両親も一緒に結婚式の打ち合わせを行い、その後かいさーん!ってことで、適当にホテルの周りをプラプラして見つけた韓国料理店でビビンバを食し、その日は就寝しましたとさ♪

夜ご飯は韓国料理(笑)

夜ご飯は何故か韓国レストラン(笑)オーストラリアなのに

3日目へつづく

  • この記事を書いた人

kgami3

元自衛官でSEでベンチャー初期メンバーという人生寄り道ばっかのアラサー女子。 「口から生まれた子」と言われるほどお喋りが好きです。 趣味はペットのお世話と個人開発と手芸と読書と音楽。マメルリハを飼っています。 このブログでは紆余曲折した私の人生をお届けするよ‪♪

-オーストラリア旅行

Copyright© kgami3の曲がりくねった日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.